「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

CAESAR X【エピソード8:Masatone氏からのコメント〜終わりに】

2018.3.27|

皆さんこんにちは!

 

前回までのどうしても避けては通れないお話(エピソード1〜7)をお読みいただいた皆さん、ありがとうございます。今回はその最終回となりますがお付き合い下さいます様お願いします。

 

 

そしてここでCAESAR Xの発売に関しまして、少し補足をさせていただきます。

3月、4月に関してはESP様と東京エフェクターのみでの販売となり、今週土曜、3月31日(土)にBIGBOSSお茶の水駅前店にて「CAESAR X発売記念セミナー」を開催します(抽選当選者60名)。

また東京エフェクターのネットストアでも31日0:00〜よりMasatone/CAESAR Xの販売を開始いたします。

 

ただし、月に50台のみの生産となり、ご予約という形でお待ちいただくことになるかもしれませんので、そこはご容赦下さいます様お願いします。

また、3月31日(土)に関しては、「CAESAR X発売記念セミナー」の為、東京エフェクターの店舗は休業となります。ご来店、あるいはお電話をされても対応出来かねますので、お気を付け下さいます様お願いいたします。

 

ご予約はネットストアのみでの受付となります。

ネットストア

 

【エピソード8:Masatone氏からのコメント〜終わりに】

 

(以下Masatone氏より)

CAESARをお渡しした直後の変拍子セッションライブで使って頂いたときのことは、今でも忘れられません。
藤岡さんの奏でる音がもの凄く良い音で、CAESARの潜在能力を引き出していただいている様でこんなに良い音がするのか!とライブ中ずっと鳥肌が立っていました。

 

そしてライブ終了後に「普通に使えた!」この一言は、私にとってこの上なく嬉しい言葉でした。私の初製品であったCAESARが、プロの現場でしかもスーパーギタリスト藤岡幹大さんの演奏レベルで「使えた」ということは、ビルダーとして大きな自信になりました。

 

シグネイチャーペダル製品化にも藤岡さんには「是非是非」と快諾いただき、藤岡さんに頂いたものを、今度は恩返しする番と思い取り組んで参りました。
藤岡さんからの要望は決して多くはありませんでしたが、私達なりに藤岡さんの実際に使うシーンを想像しては試作機に反映させてきました。

 

実際に試作機を使っていただきながら、オーバードライブ×2CHから、オーバードライブ+クリーンブースタ-の最終構成へと変わっていったことは、おそらく藤岡さんの中で当初は従来セッションで使っていた“ハッピーセット”の進化版という位置づけから、さらに+αの用途でも使うことを想定していたのではないかと今は思っています。

 

大変残念ながら最終版を弾いていただくことはかないませんでしたが、私たちに出来ることは全て注ぎ込みました。

 

2016年に東京エフェクター主催ビルダーズコンテストで優勝して以来、初製品となるCAESAR、そしてCAESAR Xとほんとに信じられないくらい貴重な経験をさせていただくことができました。
「音楽で人生をエフェクトする。」の言葉通り、私の人生がエフェクトされました。

 

私は自分の作ったエフェクターが、使う人の演奏表現力を豊かにするお助けになったり、出音からインスパイアされてリフやソロのフレーズが思いついたり、楽曲作りのお役に立ったり、そして音楽が最終的にリスナーの方に届けられ、癒しや、落ち込んだ時の励み、時には勇気を与えたりと、時が経っても心の中に残るものとなっていけば嬉しいと思っています。

 

エフェクターは単に音を変えるものではなく、その先にあるものをエフェクトできれば最高です。自分の人生を振り返ると今まで何度も音楽により助けられてきましたので、そういう形で微力ながら恩返しが出来ればと思っています。

 

最後に、製品化については、藤岡さんのご遺族様、シンコーミュージック様、ESP様、大村孝佳様、LOUD&PROUD様、東京エフェクター様、本当に多くの方々に感謝いたします。

 

本当にありがとうございました。

(Masatone氏からは以上)

 

 

〜エピソードの終わりに〜

 

藤岡さんに「普通に使えた」と言っていただいたCAESARですが、いきなりの実戦投入にもかかわらず、藤岡さんの基準を満たせたことは素晴らしいことであり、それがお伝えした様なドラマを経てCAESAR Xに繋がったわけです。

 

またCAESAR Xは藤岡さんの実戦のアイディアが見事に詰まっている上に、これはおそらくですが、最終的にKemperにも対応させるべく片チャンをクリーンブースターに途中で変更したのではないか?
これは大村さんの動画を収録した後、大村さんの使い方をみてMasatone氏との会話の中で出て来たことでした。しかしながら今となっては、それを確認することは出来ません。

 

それでも藤岡さんが思い描いたエフェクターの姿が実際に出来上がってここにあるのは確かです。

 

藤岡幹大という天才ギタリストが残してくれたCAESAR Xは、動画エンディングの藤岡さんのプレイをご覧いただいてもおわかりの様に、ギターのVol操作と右手のニュアンスだけで色々なトーンを奏でられるのと、大村さんの様な早いパッセージにも決してもたらない俊敏さも兼ね備えています。

 

 

藤岡幹大ファンに限らず、ギターを、そして音楽を心から愛する全てのギタリストにお勧めしたい。

それがMasatone/CAESAR X “mikio fujioka signature model”となります。

 

最後に、CAESAR Xの発売にご協力をいただいた全ての方に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

長い文章でしたがここまでお読みいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

東京エフェクター/TOKYO EFFECTOR

 

※CAESAR Xは藤岡氏のご遺族から正式な販売許可を得た製品であり、売上の一部は藤岡氏のご遺族に贈られます。

 

https://tokyo-effector.jp/caesar-x

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
https://tokyo-effector.jp