東京エフェクター:音楽を通して人生をエフェクトする。ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターからビンテージエフェクターまで、販売、買取、委託を行っています。

Sound Wave Lab/TREBLE BOOSTER

皆さんこんにちは!

 

今日から3連休、初日は最高の天気に恵まれて皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

ところで以前にもコチラで話題に上げましたRANGE MASTER(レンジマスター)というトレブルブースター…かのエリック・クラプトン先生やブライアン・メイ、トニー・アイオミ、ロリー・ギャラガー等の使用でマニアの間では有名でしたが、一般的に知られる様になったのはこの10数年くらいではないでしょうか?

 

そのマニアックなレンジマスターの正体というものを見事に解き明かし、その魅力を秀逸に表現してくれているのが、Crews村田さんのこちらの動画です。

 

https://www.digimart.net/magazine/article/2017042602529.html

 

そして最近、私の周りでもトレブルブースターが隠れた人気で、さらにSWL SHU氏のところにも問い合わせやオーダーがよく来るそうなんですね…。

 

このいきなりのトレブルブースター・ブーム?というのは一体何なのか??
おそらく、あくまで推測ですが、前述の動画がそれと非常に関係していると勝手に感じるのは私だけでしょうか??

 

 

そんなわけで、ヴィンテージ系チューブアンプのエフェクトツール(あえてエフェクターとは呼びません)を作らせたら日本でも5本の指に入るであろうSWLのSHU氏が、この度レンジマスターにかなり近いニュアンスのトレブルブースターを完成させました。

 

しかも、やはりSWLらしく実際の使用におけるモダンテイストも忘れてはいません。
トレブルブースターで失ってしまう低域をサウンドのニュアンスを変えることなく、連続可変で補えたり、またここが重要ですが、ゲルマニウムトランジスタの使用による夏場のゲインの不安定感を内部トリマーで調整出来るといった、かなり気合いの入ったこだわり様は要注目といったところです。

 

そして肝心なサウンドですが、私個人的にはSWL製品の中でもずば抜けて良いと感じております。
特にブースターをオンにしたままギターのVOLを下げた時の倍音豊かなベルトーンは、かなりハイレベルです。
もちろん、レンジマスター特有のミッドのニュアンスも強く出ていますので、とにかく弾き手のテンションをこれでもかというばかりに上げてくれます。

 

そんなSWLのトレブルブースターですが、まだ正式な名称はなく、今後おそらくTOKYO EFFECTORと共同で製品化、限定で販売という形をとらせていただくことになりそうです。
(下の写真はサンプル器)

 

 

というわけで、良い天気に恵まれた連休初日、皆さん大いにお楽しみ下さいませ。

 

ではまた!

 

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
http://tokyo-effector.jp/