「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

Sound Wave Lab/Optrem

皆さんこんにちは!

 

先日コチラでご案内しました様に、SWLのこの秋の新製品が出ましたので早速ご紹介いたします。

 

新製品第1弾はなな、なんとっ、トレモロです!!
今月発売の「THE EFFECTOR BOOK Vol.33」がコーラスとトレモロがテーマですので狙ったのかな??(笑)まあそれは良いとしまして、SWLのトレモロ…皆さんも非常に興味が湧くのではないでしょうか?

 

さて、このトレモロがどのようなモノかは商品ページをご覧いただくとしまして、簡単にポイントをまとめます。

 

ポイントとしましてひとつめは光学式の、つまり古い方式のトレモロであること。
ふたつめにオプトカプラはSHU氏自らがハンドメイドしていること。
そしてみっつめが本体内部でエフェクトのデプスとゲインをトリマーでコントロール出来ること。

 

以上がこのトレモロの大きな特徴ですが、私個人的にダラスのトレム・フェイスやディアズのトレモディロの様な非常に温かく古臭いサウンドのトレモロが好きなだけに、かなり期待を寄せてそのサウンドをチェックさせていただきました。

 

結果、ダラスやディアズの様な古いアンプに付いたトレモロ的な音ではありませんが、非常に温かみのあるクリーンなサウンドで、気持ち良く自然に掛かる感じ。古臭さもあるんですが上品、つまりリッチですね。
掛かり方(減衰は)は確かにカプラを使用したユニヴァイブ的であり、個人的にも凄く好みなトレモロと言えます。

 

また内部トリマーのコントロールは効きも良く良いのですが、出来たら外からコントロール出来た方が私の好みでした。でもシンプルな外観も捨て難いのでここはどちらとも言えません(苦笑)。

 

というわけで、やはりこの手を作らせてもしっかりとSWLの色になっているところが凄いです。
ヴィンテージも解りながらの実用性重視スタイルは健在というより、ますます進化している様ですね。

 

お値段も比較的安く魅力的ではないでしょうか?

 

Optrem


そんなわけで本日はではまた!

 

PS:Distortionのニューカラー、BOOSKER、久々にR32 OVERDRIVEも入荷しましたー!!

 

ネットストア

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
https://tokyo-effector.jp/

 

img_1349

 

img_1379

 

img_1377