東京エフェクター:音楽を通して人生をエフェクトする。ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターからビンテージエフェクターまで、販売、買取、委託を行っています。

Maxon/ST-9 Super Tube Screamer

皆さんこんにちは!

 

ここのところTOKYO EFFECTOR製品の発売や、ビルダーズコンテスト関連、またエフェクターボードの製作がブログの主なテーマとなっておりましたが、本日は久々にエフェクターの話題を少し…。

 

こちらの写真は先日入荷したMaxon/ST-9 Super Tube Screamer(80年代前半製)ですが、この後のゼロワンシリーズのST-01 Super Tube Screamerはたまに見かけても、このST-9はあまり見かけることが少ないかもしれません。

 

同時期のナインシリーズのモデルには、もちろんあの大名器であるOD-9 Overdrive(TS-9 Tube Screamer)がございますし、これまた名器であるSD-9 Sonic Distortionもございますが、何故かこのモデルに関してはあまり話題にあがらない…。

 

しかもMaxonのオーバードライブであるにも関わらず、「Overdrive」と呼ばずに海外向けのOEM製品であるIbanezの呼び名「Tube Screamer」をモデル名に起用しているところも変な探究心をくすぐります(笑)。

 

サウンド的にはOD-9(TS-9)にミッドブーストが付いているのですが、トーンコントロールとの組み合わせで結構細かい音色変化が楽しめます。
どちらかと言うとこの2つのコントロールはEQと考えるとわかり易いかもしれません。

 

そのEQにより、OD-9(TS-9)よりも中域から高域が強く出て来るので、TS嫌いの人がよく言う「鼻づまり感」をあまり感じさせなく、ファットに前に音が飛び出す感じです。

 

しかも中を開けたらJRC4558Dの艶あり4桁シリアルが2個搭載されており、オリジナル4558D独特のバイト(喰いつき)感はやはりTS…。

 

 

このモデル、ヴィンテージ・エフェクターとしての評価はそれほど高くはないものの、当時のナインシリーズの異端児的オーバードライブとしては、かなり魅力的な製品だと思いました。

 

そんなわけで本日はではまた!

 

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
http://tokyo-effector.jp/