「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

「第6回エフェクタービルダーズ・コンテスト」に株式会社コルグの協賛が決定しました!!

2018.10.4|

皆さんこんにちは!

 

10月になりました。毎年感じることですが、1年本当に早いですね。

 

ところで、通常ですと10月最初の投稿は「エフェクタービルダーズ・コンテスト」のテーマ発表がこの数年の恒例でした。

 

ただ、今年に関しては次回テーマが「揺れ系」ということで、題目的にハードルが高いので、2ヶ月早めの8月2日に次回テーマの発表をさせていただいております。

 

そして次回「第6回エフェクタービルダーズ・コンテスト」ですが、実はビッグニュースがあるので、本日こちらで発表をさせていただきます!!

 

次回のコンテストですが、大手楽器メーカーである『株式会社コルグ』がな、な、なんとっ、協賛をして下さることが決定いたしました!!

 

しかも、審査員にコルグから1名ご参加いただけることも確定しております。
さらにコンテスト当日は「Nutube」のセミナーも開催決定!!
前回までよりも強力に色味を増した「第6回エフェクタービルダーズ・コンテスト」をどうぞご期待下さいませ。

 

 

そこで、本日はあらためて次回コンテストの応募要項を申し上げたいと思います。

 

次回のテーマは

 

「揺れ系」

 

となります!!!

 

フェイザー、コーラス、フランジャー、トレモロ、ヴァイブといった王道はもとより、オートワウ&LFO、さらには「魂を揺らす何か…」さらにさらには「自分自らが揺れてしまう何か…」。

 

そんなユニークで独創的なエフェクターであれば何でも構いません!!
オリジナリティー溢れる作品のご応募をお待ちしております。

 

尚、ご応募の際には以下の要項を必ずご記載下さい。

 

【セールスポイント】
たとえば「どのような理由/目的で作ったのか」また「どのような人に弾いて欲しいのか」そして「この作品で何が出来、弾き手にどう使って欲しいのか」
※おすすめの使用方法が記載されているとさらに良いです。

 

【作品のタイトル(モデル名)】
モデル名なしというのは、自分の子供に名前を付けないのと同様で、審査員の皆さんの評価がネガティブなものになる可能性が非常に高いです(ブランド名はあってもなくても問題ありません)。

 

【使用アンプ】
Marshall JCM2000/Roland JC-120/Fender Hot Rodの中からお選び下さい。

 

【TOKYO EFFECTORからの製品化希望か否か】
こちらも必ずご記入下さい。ただし審査には一切関係はありません。

 

【アマチュア限定】
※販売店ですでにエフェクターの販売をされている方の応募はご遠慮下さい。

 

コンテストの日程は2月下旬〜3月上旬予定。
会場は未定となります。
また審査員、審査方法等、コンテスト内容の詳細は追って発表いたします。

 

応募の締め切りは2019年1月31日(木)

 

あなたの入魂の一台で是非挑戦下さい!!!
ご応募お待ちしております。

 

そんなわけで本日はではまた!

 

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
http://tokyo-effector.jp/