「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

初場所2016出演ブランドのご紹介5【320design】&【Sound Wave Lab】

本日2回目の投稿です。

 

さて、「初場所2016」出演ブランド紹介も佳境に入って参りました。
次は東京エフェクターオープン当初からお付き合いさせていただいており、東京エフェクター取扱いブランドの代表とも言える320designとSound Wave Labのご紹介です。

 

もうこちらの2ブランドに関してはここでは説明の必要はないかもしれませんが、320designはあの超大物音楽ユニットと繋がりを持ち、現在着実にそのシェアーを広げている人気ブランド。
そしてSound Wave Labはプロやハイエンドユーザーの方々の圧倒的な支持により、「Marshallアンプライクの鉄人」の異名を持つSHU氏のブランドです。
今回もお二方には「初場所2016」自作エフェクターコンテストの審査員をお願いしております。

 

ということで、320designさんの協賛品はこちら「Landmighty」(写真左)ですね。
サウンドの特徴といたしましては、高品位でナチュラルなオーバードライブサウンドを基本としながら、characterとclipコントロールの組み合わせによりかなり繊細な音質調整が出来ます。また、pow SWによりLowが強力に飛び出て来るのも特徴ですね。様々なジャンルの音楽に対応出来る可変幅の広さが最大のウリとなっているオーバードライブです。

 

そしてSound Wave LabさんからはMarshall Guv’nor UKをSWL流にアレンジして、オリジナルのうるさい高域をカットしながら、コンプ感もより高品位なレベルに。そしてファットに抜けを良くした「G-Drive」(写真右)のカスタムカラーエディションを協賛品としていただきました。
ちなみにSHU氏はGuv’norコレクターでもあり、作業場に段ボールに入れられたのGuv’norの山があったという目撃談も入ってきておりますが、この話はいつかまた(笑)。

 

ということで、これでほぼ出演ブランドの紹介は終わりましたが、何度も申し上げます様にとにかく今回は協賛品が超豪華です。
「勝ち抜き紙相撲大会」「ケーブル早巻きコンテスト」の上位3名の方々に順位順にそれぞれ欲しいエフェクターを選んでいただきますが、その他にもっ、ご来場者の皆様とU-Streamをご覧になっている方々にもチャンスがあります!!
そんなわけで「初場所2016」是非お楽しみにお願いします。

 

 

◎「初場所2016」入場チケットについて◎
入場ご希望の方は、必ず事前に両国サンライズまでご予約のメールをお願いします。
当日チケットは売切れの場合もございますので、ご了承ください。
なお、ご予約メールは下記内容をご記入の上、お送りください。

 

件名:東京エフェクター「初場所」
本文:お名前、連絡先メールアドレス
※紙相撲大会、ケーブル早巻きコンテストに参加される方は、○○○○○○参加希望とご明記下さい。

 

両国サンライズ info@livehousesunrize.jp

 

本日はではまた!

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
https://tokyo-effector.jp/

 

IMG_1225