「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

初場所2016出演ブランドのご紹介4【ROD技研】&【SAKAKI】

皆さんこんにちは!

 

「初場所2016」出演ブランドのご紹介、続きましては第1回自作エフェクターコンテスト優勝の「ROD技研」と第2回自作エフェクターコンテスト優勝の「SAKAKI」です。

 

ROD技研の井上氏はバイク乗りで、ご自身でもいじるのが好きとおっしゃっている様に、メカに関しては特化した奇抜なアイディアの持ち主であり、第1回自作エフェクターコンテストにおいてはこのROD技研のペダル構造が審査員の方々の度肝を抜き、ダントツ1位に輝きました。
そしてこのペダル、現在も外国からの問い合わせが非常に多いです。

 

今回ご協賛いただいたのはROD技研の可愛いT-シャツとこれから発売になるVPR-03(Volume Pedal Rising)のプロトタイプですね。
VPR-03は02よりさらに小さくなったヴォリュームペダルで、ケースをブルーのキャンディカラーに変更し、5層のハンドペイントで非常に深みのあるカラーに仕上がっています。
さらに内部のパーツや配線を見直し、より劣化の少ない上質なサウンドにバージョンアップ!まだ商品ページはありませんが、ユニークな使用方法も含め近いうちにご案内出来ると思います。

 

 

続きましてはSAKAKIですが、名古屋在住のエフェクタービルダー榊原氏の製品を当店がプロデュースし、SAKAKIというブランドで昨年12月より販売しています。
第2回自作エフェクターコンテストではまさかの逆転優勝(しかもダントツ首位)という快挙を成し遂げましたが、それだけ説得力のあるディストーションであることだけは間違いないです。

 

協賛品はもちろん、そのコンテスト優勝モデルであるSAKAKI/S-Distortionとなります。
「初場所2016」には名古屋から榊原氏もおいでになり参加いたします。

 

◎「初場所2016」の入場チケットについて◎
入場ご希望の方は、必ず事前に両国サンライズまでご予約のメールをお願いします。
当日チケットは売切れの場合もございますので、ご了承ください。
なお、ご予約メールは下記内容をご記入の上、お送りください。

 

件名:東京エフェクター「初場所」
本文:お名前、連絡先メールアドレス
※紙相撲大会、ケーブル早巻きコンテストに参加される方は、○○○○○○参加希望とご明記下さい。

 

両国サンライズ info@livehousesunrize.jp

 

そんなわけで本日はもう一度アップします。
ではまた!

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
https://tokyo-effector.jp/

 

rod_sakaki