「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

ベース用歪み系エフェクターに関するお話

皆さんこんにちは!

 

このところベース用の歪みのご相談や試奏、またご購入が重なったので、少しだけ触れてみたいと思います。

 

ベーシストの皆さんがよくおっしゃることで、ベースをエフェクターで歪ませると音が引っ込んでしまう、単体で弾いている場合とアンサンブルに入った時に音が変わってしまう。
また、歪むか歪まないかギリギリの艶っぽい感じが欲しい、あるいはアンプで歪ませた時の様に音の芯は変わらずに残り、周りに歪み成分が包み込む様な感じが欲しい…等のお声をよく聞きます。

 

それらの対処法としてブレンダーを使われている方もおられるかと思いますが、基本エフェクター本体だけでそういうサウンドが作れるにこしたことはありません。
また現在ベース用の歪み系エフェクターは、一時期よりも随分それらを製作するブランドやモデル本体も増えました。
ただ、なかなかお望みの機種に出会えないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで現在東京エフェクターがご提案しているモデルは2機種ございまして、ひとつはok custom design/TASTY DRIVE(写真中央)、そしてもうひとつがTOKYO EFFECTOR/BLACK SWAN CIVIL FUZZ(写真左)となります。

 

TASTY DRIVEはファズ系のオーバードライブと違い、コンプレッション感もあるまさにオーバードライブ然としたサウンドで、歪むか歪まないかの直前にゲインを設定するとこのモデルの魅力が最大限に発揮されます。

 

TASTY DRIVE SILVER

 

そしてBLACK SWAN CIVIL FUZZは単体では歪んで聴こえ、アンサンブルでは少しブーストさせた様な抜ける歪みから、ウォームながら圧力感のある“現代版CIVIL WAR”の様なロシアンマフ独特の歪みが得られ、さらにアウトバッファーも搭載したベース用ファズとなります。

 

TOKYO EFFECTOR/BLACK SWAN “CIVIL FUZZ”

 

 

オーバードライブ系ならTASTY DRIVE、もっと過激に歪ませたい方はBLACK SWAN CIVIL FUZZがオススメです。
これらは店頭にてお試しになられますので、是非ご来店いただきそのサウンドをご確認下さい。
(ちなみに写真右のDirty Boy/BASS BULLYは入荷したばかりの中古品です。商品ページアップまでしばらくお待ち下さい)

 

そして、ベース用歪み系エフェクターのモディファイも承っておりますが、モディファイはご来店可能な方に限らせていただいております(何度かチェックをいただく為)のでご了承お願いいたします。

 

そんなわけで本日はではまた!

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
https://tokyo-effector.jp/

 

img_2016