東京エフェクター:音楽を通して人生をエフェクトする。ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターからビンテージエフェクターまで、販売、買取、委託を行っています。

プロモーション動画撮影のご報告

2017.6.15|

皆さんこんにちは!

 

東京エフェクター(店舗)を4日間休業しまして、私は何を行っていたかと申しますと写真でご覧いただけます様に、弊社オリジナル製品のプロモーション動画撮影&録音でした。

 

ゲストにお迎えしたのはこの間のビルダーズ・コンテストにもゲストで出ていただいたギタリストの藤岡幹大さん。藤岡さんには普段セッションの時にMasatone/CAESARを愛用いただいており、この度プロモーション動画の撮影をお願いしたところ、快くOKをいただきました。

 

当日は仮バンドの曲に合わせて、縦横無尽に飛び出す素晴らしいフレーズに個人的に心底酔いしれましたが、そこは仕事ですので、しっかりと録音もさせていただきました(笑)。

 

この日はCAESAR2台を直列で使用。クリーン/クランチ/ソロをすべてCAESARとFender/Hot Rod Deville AMPで作っておられましたが、全てのトーンがまさに極上…最高のパフォーマンスを演じてくれ、本当に動画の完成が楽しみです。

 

(Msatoneさんもお手伝いに駆けつけて下さりありがとうございました!)

 

 

そして翌日はベーシストの橘枝里さんとドラマーの大西英雄さんをお迎えし、TOKYO EFFECTOR/BLACK SWAN CIVIL FUZZのプロモート動画の撮影を行いました。
コチラの製品ですが、発売をしてから結構経ちますが、まだネット上で音源を公開していないんですね。

 

それには理由がございまして、ベース用の歪み系エフェクターですので、下手に音源をアップしてサウンドの印象を誤解して欲しくないというのがずっとございました。

 

ですので公開がかなり遅くなってしまいましたが、やはり動画を撮る以上はサウンドはもちろんのこと見た目も非常に大切です。
そんな事情もあって普段からCIVIL FUZZを愛用いただいている女性ベーシストの橘さんにご協力をお願いしました。

 

そしてドラマーの大西さんですが、私とは個人的に以前から繋がりがあり、今回の動画撮影に当たりこの人しか絶対にないと感じていて、“渋さ知らず”のツアー明け、さらには当日ライブでお忙しいところを無理をお願いして来て頂きました。

 

結果、このお二人で素晴らしいグルーブが出来上がり(初対面でしたが)、かなりカッコ良い動画になることを確信。
今回の人選に間違いはなかったという安堵感と嬉しさで本当に気持ち良く仕事を終えられました。

 

 

というわけで、あらためましてご協力いただいたミュージシャンの方々にはこの場を借りて深く御礼申し上げます。
そして動画のアップは来月となりますが、これからの編集作業も気合いを入れて進めさせていただきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

本日は撮影のご報告でした。
ではまた!

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
https://tokyo-effector.jp/