「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

エントリー作品セールスポイントのご紹介③

2018.2.10|

皆さんこんにちは!

 

本日も「第5回エフェクタービルダーズ・コンテスト」エントリー作品のセールスポイントのご紹介をさせていただきますが、何卒お付き合いのほどお願いいたします。

 

本日はエントリーナンバー9〜12番となります。

 

 

9. Plus One Custom/CLIFF 使用希望アンプ:Fender HOT ROD

 

「圧倒的な歪んだ音の壁」を目指して作りました。二種類の歪み要素をミックスすることでサスティーンを抑えた歪みから、充分にサスティーンが掛かった歪みまでを調整することが出来ます。パワーコードでのバッキング、強烈なサスティーンを活かしたフレーズも良いと思います。
GAIN:基本的な歪み量と音量設定 boost:サスティーンと歪み量設定 color SW(DownでOn):全体的に落ち着いた響きに変化。最初はboostを半分程度に設定してからGAINを調整してみて下さい。

 

 

10.Goma Drive ver.Ruri <ゴマドライブ バージョン瑠璃> 使用希望アンプ:Roland JC-120

 

シンプルなドライブにハイゲイン化を施しました。コントロールは左からゲイン トーン ボリュームです。
特筆すべきはトーンの部分で、こちらは上げて行くとブーストしますが、トレブルブーストになっていますのでほどほどにお願いします。

 

 

11.DOSUKOI <ドスコイ> 使用希望アンプ:Fender HOT ROD

 

シンプルな操作性かつ図太く強烈な音を目指して製作したハイゲインファズです。ピックアップの出力やバッファの有無などで音が変化するので、まずはシングルコイルのギターと、アンプと、このファズのみでの使用をオススメします。
ギターのみならずベースの方にも弾いていただきたいです。

 

 

12.Roll Over B/ROCK IN MY HEART 使用希望アンプ:Roland JC-120& Marshall JCM2000

 

FETを3段使ったオーバードライブをハイゲイン化するため前段にクリーンブースターをプラス。ピッキングニュアンスや、タッチの強弱により、味わいのあるギターサウンドが炸裂します。Gain2全開でGain1を絞ればトレブリーなサウンドになり(ロックンロールやブルースに最適)、Gain1、Gain2共に全開でハイゲインなオーバードライブサウンドになります。
サウンド的には伝統的なロックサウンドのエフェクターですが、ハート型のポップなルックスなので、おっさんロッカーだけでなく、派手なグラムロックのバンド、女の子バンドに使ってもらいたいです。

 

 

今回もまさにハンドメイドといった個性的な作品にエントリーいただきました。
これもエフェクターコンテストの楽しいところかと思います。

 

そんなわけで本日はではまた!

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
http://tokyo-effector.jp/