「音楽を通して人生をエフェクトする。」中古エフェクターの買取・販売、オリジナルエフェクターの販売を行っています。

たまにこのような日があります

2014.11.23|

皆さんこんにちは!

 

21日、22日と東京ビックサイトで行われている2014楽器フェアに参加してきました。

今から20年以上前のバブル期の楽器フェアを体験している身としましては、近年の楽器フェアの盛り上がりは今ひとつ感がどこかにあったのが正直な感想でしたが、今回は凄いですね。

当時を彷彿とさせる賑わいと盛り上がりでした。

 

というわけで楽器フェアのお話に関してはまたの機会にいたしまして(アレ?苦笑)、ひとまずはお世話になった方々に御礼を申し上げると同時に、関係者の方々にはお疲れ様でしたと一言だけ申し上げて、本業に戻ります(笑)。

 

さて、本日の写真は本日当店にいらっしゃったエフェクターたちです。

ヴィンテージ・クライドとピートコーニッシュ。これらは別の方がお持ちになられたのですが、ピートコーニッシュはボード作成でお預かり、ヴィンテージ・クライドは委託販売と修理ですね。

 

たまにこのような日があります(笑)。もう扱いに超気を使います(汗)。

ちなみに左上のCRY BABYは1968年製で中身はクライドマッコイと全く同じのイタリア製VOX CRY BABYとなっており、レア中のレアものです。フルオリジナルで委託販売でお預かりしました。

 

このようなヴィンテージを所有されている方は基本何台もお持ちになられている場合が多いです。ですので自然とお客様から仕様や詳細をお教えいただくことも多くなりますね。

ヴィンテージワウに関してもまだまだ知らないことがたくさんあります。結局我々店員というのは知識ではコレクターの方々にはかなわないというのが私の経験から来る持論なので、お客様に勉強させていただくという精神、初心と申しますかそのようなものが大切だと常日頃から感じています。

 

とそんなわけで、今後とも精進に励みますので宜しくお願いします。押忍!!

 

ではまた!(笑)

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託

info@tokyo-effector.jp

https://tokyo-effector.jp/

 

IMG_6478