東京エフェクター:音楽を通して人生をエフェクトする。ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターからビンテージエフェクターまで、販売、買取、委託を行っています。

GW特集 「6月1日よりFAT製品の取扱いを始めます パート2」

皆さんこんにちは!〜前回の続きです〜

 

2013年7月7日に店をオープンしてしばらく経ったある日のこと、突然一人で訪れてくれた方がいました。

 

前述のトリガーフェスで例のグッズを売っていた人なのはすぐにわかり、名刺をいただいたところ、そこには「株式会社ビーイング」の文字が…。
その日、FATのN氏(以下ボブくん)から初めて詳しい話を聞かせていただいて、つまりトリガーフェスのあの異様と感じた光景の実態が明快にわかったわけですね。

 

ではFATとはいったい何なのか?わからない方々の為に簡単にご説明すると、日本の超大物アーティストB’zのテック&ローディー軍団です。しかもその中にギタリストの松本さんがツアー等で使用するエフェクターやアンプを開発及び製作する部門があり、それらのエフェクターを“FAT”というブランドとして独自に販売をしています。

 

ところが、楽器業界にはほとんど流通はされておらず、販売方法としては全国のリハーサルスタジオを利用し、自ら機材を積んで(写真参照)転々と移動をしながら全て手売りで行っていたんですね。そんなわけなので、普通の楽器業界人が知る由はなかったわけです。
と申しますか、そんな商売の方法があったのかと目から鱗でした(笑)。

 

そしてあれから約4年弱、ボブくんとはある一定の距離を平行に保ちながらお付き合いをさせていただいており、初場所やエフェクターコンテストのお手伝いもしていただきました。
さらに今回、FAT代表H氏の許可をいただき、6月1日よりFAT製品の取扱いを東京エフェクターでもさせていただくことになりました。

 

もっと前から取扱いが出来なかったのか?という疑問の声もおありかと思いますが、こういったものはお互いのタイミングがあるので、ここにきてようやくFATと東京エフェクターのタイミングがあったんですね。まあそれもご縁なのかと(笑)。

 

そんなわけで、あのトリガーフェスがなければこれら全ての繋がりはなかったので、友人には非常に感謝しておりますが、今後はFAT製品、ご来店いただければ試奏も出来ます。

 

ご興味あられる方は6月1日以降に公開のFAT特集ページを是非チェック下さいます様お願いいたします。

 

では良いGWをお過ごし下さいませ!!ではまた。

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
http://tokyo-effector.jp/