東京エフェクター:音楽を通して人生をエフェクトする。ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターからビンテージエフェクターまで、販売、買取、委託を行っています。

GW特集 「6月1日よりFAT製品の取扱いを始めます パート1」

皆さんこんにちは!

 

東京エフェクターのオープン前日の2013年7月6日、ある友人に紹介したい人がいると言われ向かった先が日比谷公園。そこで開催されていたのが“トリガーフェス”というイベントでした。

 

大手飲料メーカーがスポンサーのかなり大きなイベントでしたが、友人がいるはずのテントが見当たらず、炎天下の中、会場を何度も徘徊していると、男性が2列になって7mくらい行列しているテントがあり、そこに友人が座っているのが見えました。
最初からその行列は認識していたのですが、まさかそこにはいないだろうとスルーしてしまっていたんですね。

 

すかさずそばに寄って挨拶をし、あたりを見回すとまったく見たことも無いエフェクターが飾られており、しかもそれは売り物ではないらしく、何やら売り物はそのエフェクターに取付けるらしいであろう、フットスイッチのカバーみたいなもの…そして靴下やTシャツ、ピックが本命の商品の様子。
それを大の大人の男どもが炎天下の中行列をして購入していました。

 

とにかく、私から見たらその異様な光景は、いったいここで何が起こっているのかという、全く想像もしなかったすぐに理解の出来ないものだったわけです。
そしてとにかくその場面の写真だけは撮りました(写真参照)。

 

それはほんの僅かな時間でしたが、その後友人が紹介してくれたのが320designのミツマ氏であり、そしてその隣にいたOvaltoneのご兄弟だったわけです。
もちろん彼らのエフェクターも展示されており、当然ながら私にとっては初めて目にする製品でした。

 

お互いに名刺交換を交わし、ちょっとした世間話をしてその場を私は去ったわけですが(翌日オープンで忙しかった為)、それにしてもずっと頭に引っ掛かっているのはあの得体の知れない白いエフェクターとグッズ…あれは一体全体何なのか…??

 

そんなわけで続きは次回(笑)。

 

 

東京エフェクター|ハイエンド・ブティック・ハンドメイドエフェクターの販売・買取・委託
info@tokyo-effector.jp
http://tokyo-effector.jp/